僕らのあの空

日本をヒッチハイクで1周して感じたこと


f:id:psychee:20180325200032j:image

 

おはようございます!心理学部生の寺っちです!

 

僕は学生最後の卒業旅行に、41日使って一人でヒッチハイクで日本一周したんですけど、見ず知らずの人が車に乗せてくれるだけでなく、応援してくれたり、食事をごちそうしてくれたり、中には家に泊めてくれる方もいました。

 

色んな人と関わって、数えきれないほどの恩をうけましたし、様々な事を考えるきっかけになりました。

そんな旅の中で、自分の中で感じたもの・得たものが多すぎたので、この記事でまとめながら振り返っていきたいと思います!

 日本一周ヒッチハイクして感じた、等身大の気持ちぜんぶ吐き出しますっっ!

 

 

 

 どこかで人は繋がっていると思えた


f:id:psychee:20180331184310j:image

 ヒッチハイクしてると本当に色んな人に会います。もちろん、みなさん初めてお会いする方ばかりです。 

 

そんな始めましての方が声をかけてくれる。親切にしてくれる。そうやって人と人との繋がりを感じました。 

 

僕は自分のしたいことに対して独りよがりで、自分一人で好き勝手しちゃう部分がありました。

だから今までもこれからも一人で好きなように生きていこうと思ってたんですけど、違うなって。

 

どこかで人は絶対繋がってるから、その繋がりからはどう頑張っても離れられないんだと。

「自分は一人で生きてる」なんて思っていても、絶対誰かのおかげで生かされているんだって気づけました。

人って一人で生きていけないから、もっと周りの人を巻き込んだ生きかたをしようって思えた。

 

1人って超つまんないなって思えた

 


f:id:psychee:20180410164852j:image

(早朝から公園で1人で雪遊びした)


1人で旅してると、感動を1人でしか味わえないから超つまんないって思いました。

 

僕はポテチが大好きで、特にお気に入りは堅あげポテトなんですけど、ポテチ買っても皆と食べずに1人でしめしめ食べちゃうんです。(※とても小さい人間)

でも、日本一周してからポテチを皆で食べれるようになりました。

 

 それは、1人で感動しても誰とも共有できない寂しさを実感したから。

誰かと共有した感動は一人で味わう感動よりも大きいって気づいたから。

自分も困ってるのに、それにも関わらず僕のために支援してくれる人がいたから。

 

今では1人でこっそり食べるポテチより、皆で「おいしいね」って笑いながら食べるポテチが美味しいです。 

 

困った時に声をあげれば助けてくれるという実感が持てた

 
f:id:psychee:20180331184417j:image

  ヒッチハイクっていわば「お金も足もない!困った!」って時にヒッチハイクボード掲げるなり声掛けするなりして乗せてもらう行為です。完全に人の善意に頼りまくり。

 

ヒッチハイクを経験したら、困ってるときに「助けて!!」って言ったら意外と助けてくれるんだな、という実感ができます。

 

ヒッチハイク失敗して何もない所で夜を迎えてしまったり、スマホが壊れたり、お金が尽きたりしましたが、なんだかんだ誰かに助けて頂いて無事生きて帰れました。

 

こうやって何度ピンチになっても何とか乗り越えることで、「人生なんとかなる」という安心感が持てます。

この「なんとかなる」感があることで、もっと色んなことに挑戦してみよう!という気になれる。だって困っても誰かが助けてくれて、なんとかなるもん。

 

逆に、困ってる!助けて!って人は助けてあげたいと今までよりも強く思うし、そうやって「困った時はお互いさま」の精神を大切にしようと思えました。 

 

 全てに意味はあると思えた


f:id:psychee:20180331184706j:image

これが一番大きい。全てに意味はあるって心の底から認められるようになった。

 

ヒッチハイクで移動しようとすると、「ここに行くためにはまず大きな国道まで歩いて、次に高速入口まで乗せてもらって、それから...」ってある程度計算します。

 

その時に自分が計画してたルートから外れると「あ、失敗した。あの時こうしてれば....」って後悔してしまいます。

 

でも、失敗したからこそ、失敗した場所から新しい出会いに恵まれました。 

失敗したからこそ出会えた人がいて、失敗したからこそできた経験があるって、ヒッチハイクはモロに実感できるんです。

 

だから、自分で決めた計画がうまくいかなくても、それは失敗ではなく想定外ってだけなんだと思えました。

今までの人生も、うまくいかなかった時があったからこそ気づけたことや経験できたことがあるって考えると、後悔というものをしなくなりました。

 

後悔してた過去にさえ、意味を与えることが出来たんです。まさに、人生に無駄な時間はなかった。全てのことに意味はあった。って感覚。

 

 

まとめ


f:id:psychee:20180331184757j:image

ヒッチハイクは旅の登竜門。ヒッチしないと旅人とは言えない所あるよね」って昔旅人してたゲストハウスのオーナーがポロッと言ってたんですけど、なんとなく、その意味が分かった気がしました。

 

ヒッチハイクは1人じゃぜったいできない。

それは人生も同じことで、人って一人じゃ生きていけない。1人で生きても楽しくないってことを思い知らされました。

 

旅は道連れって言葉がありますが、旅してる中で色んな人を巻き込むと最高に楽しい。

人生も同じように人を巻き込んで皆で楽しんでいくと最高に楽しいんだって思えました。

 

 

 

また、他の旅人はこう教えてくれました。

「旅は自分のリミッターや枠組みを解放して、新しい何かに染まると楽しいよ」

自分の枠をとっぱらって、世界という広い枠組みの中で自分の枠組みを再構築するんだって。

 

自分の世界を広げないと見つけられない世界があるって教えてくれました。

そういう時に、旅することで世界が広がるなあ〜って実感できた。

 
f:id:psychee:20180410165514j:image

 自分で書いてて絵センスが無さすぎて引いた

 

 

旅して色んな人と会って、「人と人の繋がりってめちゃくちゃ美しいな」って感動しました。

繋がりなんて目には見えないものだけど、旅してる中で見えた気がした。

この繋がりを忘れないように、絶やさないように生きて生きたいと思います。

 

日本中のみなさんお世話になりました…!!

僕がなにか大きなことできるようになったら恩返しさせて下さい!!

 

おわり