僕らのあの空

人生の計画を捨てると心が自由になれた

 おはようございます!心理学部生の寺っち@psychee_haです!

 

僕は心配性で、いつもおろおろしているので、色んなことを先に予想したり計画していないと気が済まない人なんですね。

24歳で大学院卒業するからそれまでに一通りの心理療法や心理検査覚えて、25歳で彼女と同棲して、29歳までに開業して、35歳までには開業一本だけで生活できるようになって、休みとって世界中好きなところ行って.....みたいな。大ざっぱに書きましたが一年ごとくらいで目標が決まっています。(21歳現在)

 

そんな心配性で計画大好きな私ですが、ちきりんさん@InsideCHIKIRINのツイートがめちゃくちゃ心に刺さったので考察していきたいと思います。

 

めちゃくちゃ心に刺さったツイート 

 

 

 

「なにィ???!!!?!!!?!」

 

人生の計画をガチガチに決めることこそが正義!計画性バンザイ!と思っていた私にとって、このツイートは目からうろこ過ぎました。

ガチガチの計画に人生を押しこむと、可能性が閉じる

  計画をたてて、計画通りに人生を進めるのはすごく大事なことなんですけど、何年後もの計画をたててしまうとその方向にしか人生が進みません。

計画をたてた時点では「良い」と思っていても、時が過ぎて過去の計画がもの足りなくなったり、方向性が180度変わることだって考えられます。

 

なのに計画をガチガチにたてて、その通りに歩もうとしていると無意識に周りの「計画には関係ない道」を遮断してしまいます。もしかしたら自分に一番合ってる道は違う道だったかもしれないのに!

 

若いうちから将来の人生計画をたてすぎるとせっかくの可能性が閉じてしまう。それなら計画を将来に託すんじゃなくて、今できる範囲でやってみて、得られた結果から今後の人生について考えた方がいいに決まってる。

 

「10年後には独立しよう」って計画して、いざ独立してから「やっぱ自分のやりたいことはこれじゃないな...」って思ってたら10年分の機会損失になります。

 

人生の行き先を決めないで生きることもまた良し

 世の中にはまだ自分の想像もできないような世界が広がっています。むしろまだ21歳なのに自分の知らない事の方が多いのは当然です。

それを、今までの自分の生きてきた小さな世界の中で考えた計画で、今後の人生を縛ってしまうのはもったいないと思いました。

 

人生の行き先を決めないと不安で仕方ない人だったんですけど、これからは行き先を決めないで生きてみようと思います。

もし計画をたてても、まずやってみる。「何年後にしよう」とかいらない。今だけを生きる。