僕らのあの空

RADWIMPS 前前前世の私的解釈


f:id:psychee:20170715160926j:image
おはようございます!心理学部生の寺っちです。

 

RADWIMPS、「君の名は。」から一気に有名になりましたよね。僕も中学校からずっと好きで聞いてます。でもおかずのごはんくらいまでが1番好き。

 

 

 

でも前前前世は思い入れのある曲なんで特別好きなんです。

落ち込んでる時に友達が歌ってくれて

 

「あれ、、??これって理想の自分と現実の自分との間のやりとりを表現してね、、、???今の俺の状態じゃね?!!?!洋次郎song for me???」

 

って閃いたので完全なる私の個人的な解釈をこちらで書かせて頂きます。え?勘違いだって??うるさい黙ってろ

※実際は「君の名は」のために作ったらしい※ 

 

 

レッツゴー!!!

 

 

 

 

やっと眼を覚ましたかい それなのになぜ眼も合わせやしないんだい?

 

歌の1番は『理想(目標)の自分』(君)が『今、現実の自分』(僕)に話しかける場面です。

 

ここでは『理想の自分』が、

「やっと眼ぇ覚ましたかよ!!!なのに何で眼を合わせねえんだオラァ!!!」

ってガン飛ばしてます。

 

 (つまり、理想の自分をやっと見つけたけど、今、現実の自分とのギャップに苦しんで理想の自分を直視出来ない状態)

 

 

 

「遅いよ」と怒る君 これでもやれるだけ飛ばしてきたんだよ

心が身体を追い越してきたんだよ

 

「まじで遅すぎるわオラァ!!!!ぶっとばすぞ!!!!!!!!」

ブチ切れです。

 

でも、これでもやれるだけ飛ばしてきたんです。遠回りだったかもしれないけど、君(理想の自分)を見つける為にめっちゃ頑張ってきました。身体より先に心が動いてしまったから遅くなってしまってん。

 

 

 

 

君の髪や瞳だけで胸が痛いよ

同じ時を吸いこんで離したくないよ

 

いやあ、しかしキラッキラしてるなぁ君(理想の自分)は!!!!!!!本間に同じ人間なん?!!?!!見てるだけで胸が痛い!!!!!!!今の自分と全然違う!!!!死にたい!!!!!

 

 

同じ時を吸いこんで(つまり理想の自分に追いついて同一人物になる)、ずっと一緒でいたい!!!!!

 

 

遥か昔から知る その声に

生まれてはじめて 何を言えばいい?

 

でも、姿形や思考は変わっても「」はずっと一緒だから。今の自分と同じだから知ってるよ。

 

『理想の自分』に初めて到達した時はその同じ「」で君と何を話そうか?

 

 

 

君の前前前世から僕は 君を探しはじめたよ

そのぶきっちょな笑い方をめがけてやってきたんだよ

 

前世の概念は、ここでは『前の、理想だった段階の君』だと仮定します。

いつだって理想の自分を追い越しては、また次の理想の自分を探し続けてきた。

ずっとその繰り返しで生きてきたんだよ。

 

 

 

 

 

 

 

それにしても笑い方ブッサイクやけどな!!!!!!

 

 何それ?!!何でなん?!!?!!何でそんな笑い方ブサイクなん?!!声か!!!声なんか!!!!でももう癖だから治んない!!!!!来世に期待!!!!!

 

 

 

 

 

君が全然全部なくなって チリチリになったって

もう迷わない また1から探し始めるさ

むしろ0からまた宇宙を初めてみようか

 

 

『理想の自分』はいつだってたどり着いてはまた新しいステージに移り変わっていくもの。もし君が無くなってしまっても迷いません。また1から『理想の自分』を探し始めるさ

 

むしろ0から(今の自分が積んできた物さえとっぱらった状態から)人生初めてやろうか!!!!!へっ!!!!

 

 

 

 

 

 

みたいな歌詞に聞こえてしもて。

洋次郎さんの歌詞って曖昧な表現が多くて、色んな解釈が出来るんですよね。

 

洋次郎さんが「歌詞は皆さんが思った通りに解釈してくれたら嬉しいです。」みたいな事を昔言ってて、ああ〜ステキだな〜って思いました。

 

皆さんもRADWIMPSの歌詞の中に自分だけの解釈を見つけてみてはいかがでしょうか。それでは!!!